顔のシミを消す方法 クリームや食べ物は?男性も消せる?

顔のシミを消す方法 クリームや食べ物は?男性も消せる?

鏡を見たときに顔にシミがあったら、とても気になりませんか。

早く治したいとかどうしたら消えるんだろうとか、ついつい考え
てしまいます。

顔のシミを消す方法を色々考えてみました。

レーザー治療なのか、またはクリームなどで顔のシミを消したら
いいのか。

食べ物でもシミに効果のあるのはどれなのか、男性でもシミは消
えるのか調べました。

スポンサードリンク

顔のシミが出来る原因は?

顔のシミを消したいなと思う前にまずは顔のシミが出来る原因を
考えましょう。

そうしたらシミの予防にもなりますからね。

・紫外線

紫外線の影響によって出来るシミが大部分を占めているといって
もいいでしょう。

顔は常日頃から外に出ている部分になりますからね。

新陳代謝によって肌の細胞が生まれ変わることを肌のターンオー
バーと言いますが、紫外線を撃退するためにメラニンが生産され
ても肌のターンオーバーによってメラニンは剥がれ落ちます。

しかし紫外線が蓄積していくようになり、ターンオーバーが上手
く作用しなくなり、メラニンが過剰生産されてシミになってしま
います。

・摩擦や乾燥

摩擦や乾燥でもシミは起こり得ります。

肌が乾燥してしまうとメラニンが余計に色素沈着を起こしてしま
いますし、顔の産毛の自己処理をして肌に摩擦を起こさせること
によってもメラニンが過剰生産されてシミになっていきます。

・加齢

先程、肌のターンオーバーの話をしましたが、加齢によっても
肌のターンオーバーがスムーズにいかずにメラニンが過剰生産さ
れてシミになります。

通常ですと肌のターンオーバーは28日周期ですが、加齢になるに
従って遅くなります。

・ストレス

ストレスもあると言われています。

ストレスによって肌のターンオーバーは乱れることもありますの
で、関係は出てくるでしょう。

なかなか社会にいるとストレスを感じないのは難しいかもしれま
せんが、ストレスを軽減して快適な生活を送っていきたいですね。

スポンサードリンク

顔のシミが出来やすい場所は?

顔の中でもシミが出来やすい場所ってありますよね。

自分の中でもここはよく吹き出物が出来るところってありますか
ら。

・頬

頬は面積も広いし、よくシミが出来る部分になります。

左右対称に出来る肝斑というシミもありますし、そばかすもよ
く頬に出来てきます。

目の下の部分にも出来たりしますので、頬は要注意です。

頬のシミを消す方法 原因とレーザーで取るとなると料金や期間は?

頬のシミを消す方法?コンシーラーやチーク メリットとデメリット

肝斑を消すための治療費用と飲み薬の効果と副作用は?

・目元

日本人ですとなかなか外でサングラスして紫外線を防ぐという
行為は珍しいですよね。

車に乗ってる時ならサングラスして紫外線を防ぐというか、眩し
くないようにしたりしますが、大体の人はそのままになります
から目元や目の周りもシミが出来やすくなります。

目元はよく触ってしまいますし。

・おでこ

前髪を伸ばしていておでこに前髪がない場合のおでこは頭の
中で一番高い位置にありますし、おでこにもシミは出来てしま
いますよね。

きれいにおでこを見せたいのにシミがあるとあんまりですよね。

おでこ突然シミが!!原因と消し方を徹底調査

・鼻

鼻は高い位置にあるので、紫外線にも当たりやすいです。

それに汗でよく日焼け止めも取れてしまいます。

鼻は見られやすい位置にありますので、シミが出来ると気になって
きますよね。

鼻のシミを消すコンシーラーの種類と使い方は?

鼻のシミの原因と消し方と無くし方 レーザー治療は危険なの?

顔のシミの種類は?

顔のシミで代表的なものはいくつかあります。

一番多く出来るシミの種類は老人性色素斑になります。

・老人性色素斑

紫外線の影響によって蓄積されていき、シミになっていきます。

通常なら肌のターンオーバーで排出されていきますが、蓄積や加齢
によってうまく排出できなくてメラニンが色素沈着されて残って
しまい、シミになります。

40代以降に出来るシミで、時間が経つにつれて段々とシミの色が
濃くなっていきます。

早いと20代からなってしまいます。

若い頃からの日ごろの紫外線対策を怠ってると要注意ですよ

・炎症性色素沈着

ケガや火傷などによって皮膚に炎症が起こり、色素沈着したもの
のシミを言います。

ニキビや虫刺されなどによっても起こります。

・肝斑

CMでもやっていましたが、頬や頬骨、額などに左右対称にできる
シミで30~40代の女性に多く見られます。

女性ホルモンに関係しているとも言われ、閉経後にはなくなって
いたりします。

妊娠中に発生する肝斑もあります。

・そばかす

遺伝的なもので子供の頃から出てきます。

鼻の辺りから頬に渡って出来、形はバラバラです。

紫外線の影響によっても出来たりしますし、悪化することもあり
ます。

脂漏性角化症

老人性イボとも言われ、イボのように盛り上がっているシミです。

30~40代頃から出てくるシミで、60代になってくると殆どの人に
見られます。

数ミリ程度の大きさで、紫外線の影響や加齢により出来ます。

顔のシミを消す方法

ためしてガッテンで紹介されてた顔のシミを消す方法の内容は?

以前にためしてガッテンでもシミの特集がされていました。

シミは摩擦によっても起こると上記にも書きましたが、その摩擦
とは、洗顔やメイクの仕方、顔を触るなどによっても摩擦になって
しまいます。

洗顔やメイクでゴシゴシしたりして顔をいじめていませんか。

自分もありますが、コンタクトを外して気持ちいいから目をゴシ
ゴシこするのも本当はあまりよくありません。

洗顔でも泡洗顔にしてあまり肌をゴシゴシせずに洗ったり、メイク
もパフなどでゴシゴシせずに優しくおいたりした方がいいですよ。

顔を触る癖も治すと肌の炎症が減少して、シミの濃さが減少して
いきます。

一度、意識的に行ってみてはいかがでしょうか。

食べ物で顔のシミを消す

食べ物でもシミに効果があるものがあります。

多く言われているのがビタミンCやビタミンE、βカロチン、リコ
ピン、セラミドなどです。

・ビタミンC

ビタミンCはシミやそばかすを作るメラニンのもととなる「チロシ
ナーゼ」の働きを抑制するので、シミを薄くする効果が期待でき
ます。

熱に弱いのが弱点になるので、熱しなくてもいいように工夫しても
いいですね。

レモンやピーマン、イチゴやキウイ、キャベツなど。

・ビタミンE

ビタミンEは肌のターンオーバーをスムーズにするようサポート
する働きがあるし、血液の循環も促進してくれます。

アーモンドやかぼちゃ、ほうれん草やいくらなど。

・βカロチン

βカロチンは体内でビタミンAに変換されます。

ビタミンAはメラニンを排出する働きや肌の炎症をケアしてくれま
すよ。

ニンジンやパセリ、ほうれん草やにらなど。

・リコピン

リコピンは美白効果もあるし、アンチエイジング効果もあります。

トマトに含まれていることを思い浮かぶと思いますが、トマトその
ものよりも無添加のトマトジュースの方がリコピンはより多く
含まれていますよ。

トマト、ピンクグレープフルーツ、スイカなど。

・セラミド

セラミドはメラニンの生成を抑制してくれて、紫外線などから肌を
守ってくれます。

それに保湿効果もありますよ。

米ぬかは紫外線を防いでくれるので、米を炊くときにあまり洗わな
くてもいいかもしれませんね。

大豆、小麦、こんにゃくなど。

このほかにもビタミン豊富なフルーツや野菜を積極的に取り入れ
ていきたいですね。

薬(クリーム)で顔のシミを消す

病院やクリニックに行き、薬(クリーム)を使用してシミを改善し
ていく方法もあります。

よく言われるのは「ハイドロキノン」や「トレチノイン」です。

・ハイドロキノン

ハイドロキノンはメラニンの生成を抑制する働きを持っています。

外用薬なので、クリームになります。

市販よりも病院で処方されるハイドロキノンの方が濃度が濃いの
で効果は高いです。

ただ、濃度は濃いのできちんと医師の指示に従いましょう。

・トレチノイン

表皮のメラニンの排出を促進します。

ハイドロキノンを併用して使用することもあります。

妊娠中は使用できないので、もし妊娠中の人はきちんと医師に
伝えましょう。

日焼け禁止なのでこちらもきちんと医師の指示に従いましょう。

外用薬のクリームの他にも内服薬があり、外用薬と併用することも
あります。

コンシーラーで顔のシミを消す

すぐにシミが消えればいいですけど、現状はなかなかすぐには消
えないですよね。

そういう時に味方になるのがコンシーラーです。

メイクの時にサッと出来るので簡単ですし、シミも目立たずに肌
がきれいに見えます。

コンシーラーはスティックタイプやペンシルタイプ、リキッドタ
イプやクリームタイプの4つに分けられます。

リキッドタイプがグロスのような感じで使いやすいかなとは思い
ますが、シミの種類や大きさなどによっても変わってくるので、
自分のシミに合うコンシーラーを見つけられるといいですね。

皮膚科でレーザーを使い顔のシミを消す

一番シミが消えやすいのはと考えると皮膚科の病院などで診察を
受けてレーザー治療ではないでしょうか。

ただ、なかなかレーザー治療に踏み切れないこともありますよね。

それは費用などです。

レーザーですと良くなるのはわかりますが、費用もかかるしもし
通院となればまた病院に行かないといけません。

施術と施術の間のスパンが長いので1年くらい期間がかかること
もあります。

それを考えると少し面倒だなとも思えてきますからね。

それに費用も1回の施術で5,000~10,000円くらいはかかってく
るでしょう。

医師と費用や期間はよく相談したほうがいいかもしれませんね。

男性が顔のシミを消す方法は?

シミが出来るのは女性ばかりではありません。

男性も毎日ヒゲ剃りなどで肌に刺激を与えていて、それでいて
スキンケアを怠っている男性も多いと思われます。

最近はスキンケアをしている男性も増えてきましたが、まだまだ
していなくて、せいぜい洗顔だけという男性も多いです。

男性は女性よりも肌が乾燥されやすいので、男性も紫外線対策を
きちんと取らないとシミになりやすくなります。

男性も同じように老人性色素斑が一番多いシミの種類になります。

若いうちは逆に紫外線で黒くなりたいと思っていると思いますが
40代や50代になってくるとシミが現れたりしますので、早いうち
にシミ対策を取りましょう。

男性もレーザー治療がありますし、市販でもシミやそばかすを防
ぐものも売られています。

「メンズのケシミンクリーム」などもそうですよね。

ケアをするとしないのとでは変わってきますよ。

まとめ

シミが出来るのは嫌ですよね。

ですから顔にできた場合にシミを消す方法として効果がある食べ
物やクリームを紹介しました。

レーザー治療や薬もありますし、女性ですとメイクの時にコンシー
ラーを使ってみるのもいいかもしれません。

一番はやはり紫外線対策になります。

紫外線を侮らずに外出するときは紫外線対策をしっかりと行い、
50代になってもきれいな肌になっているようにしたいですね。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ